大阪府和泉市 JR北信太駅すぐ 染井鍼灸整骨院ではオスグット・肉離れなどを自然回復力を促進させ痛みや病気を早期回復させる施術院です。

染井鍼灸整骨院

〒594-0003 大阪府和泉市太町158-18 JR北信太駅より徒歩3分
お問い合わせはこちら

今すぐためになる!動画コーナー 保険診療プラン 自由診療プラン 染井鍼灸整骨院 院長ブログ

お問い合わせはこちら

初めてご来院される方は必ずご覧ください

無痛ゆらし療法本科スクール オスグッド・膝痛セミナー やすらぎボランティア/NPO法人日本予防医学末痛研究会

Q&A

はじめてですが、痛くないですか?

大丈夫です。当院では”心地よい施術の中で痛みを改善させる”ことをモットーにしているので、安心して受診してください。

保険の取り扱いはしていますか?

はい。骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(肉離れ)などの外傷性疾患に使えます。(詳細)

  

その他、交通事故・労災・生活保護も取り扱っています。 日常生活での外傷やスポーツ外傷などには特に有効です。 交通事故・労災・生活保護の取扱い   また、原因のはっきりしない場合は「保険適用外」となることがありますので、受付または、電話、メールなどでご相談、お問い合わせください。

※どんな痛み・苦痛にも必ず原因があります。
正しく検査・診断を受け、適切な施術で“早期回復”が期待できます。

 

(注意)「無痛ゆらし療法」は特殊療法のため「保険適用外」となります。

鍼灸は保険の取り扱いはないのですか?

当院では[自費治療]となります。
・鍼灸治療 3,000円 ~ 5,000円(治療する部位数によってことなります)
お気軽にご相談、お問い合わせください。

鍼灸の効果はどうですか?

早期回復(社会復帰、スポーツ活動復帰)を希望される方にお勧め致します 肩こり、腰痛などの運動器系疾患をはじめ、循環器系疾患・運動器系疾患・循環器系疾患・消化器系疾患・呼吸器疾患・産婦人科疾患・小児科疾患などが鍼灸適応疾患としてWHO(世界保健機構)でも認められています。

鍼はどんなものを使うのですか?

鍼は直径1mmもなく、0.何mmの鍼を使用するため身体に鍼を刺入する際に痛みもほとんどなく、いつ鍼を刺されたのかわからないほど細い鍼を使用しています。また、衛生面でもディスポ鍼(一本一本使い捨て)を使用しているので、安心して施術を受けてもらえます。

PST「無痛ゆらし療法」ってどんな治療法ですか?

PST(無痛ゆらし療法)は、脳からの反射的な命令によって、問題が起こっている部位を瞬間的に適正な状態に戻していく方法です。

優しく触ったり、心地良くゆらしながら筋肉の緊張を解いていきます。 からだをゆっくり揺らすことで、筋肉の緊張を取り去る施術です。

 

筋肉の緊張を取り去れば、骨格のゆがみが直り、神経への圧迫もなくなるので、痛みが減ります 痛みに悩む方一人一人に合わせた ”完全オーダーメイド”の施術法。

従来のように “揉む” “たたく” “押す” などの方法は一切使わず、痛みに対し、やさしく、効率良くアプローチします。

料金はどれくらいですか?

●保険施術料金 (急に痛くなった急性時や怪我の場合に適用されます)

 1割負担2割負担3割負担
初診230円~400円450円~800円680円~1,200円
2回目80円~190円170円~380円250円~570円
3回目以降50円~160円100円~320円150円~480円
※保険施術による料金は厚生労働省の定める料金です。
  負担割合や治療ヶ所により料金が変わります。

 

●保険外施術料金(自由診療・実費施術)

無痛ゆらし療法(特殊療法)
高確率で回復が期待できます
初回 初見料 3,000円

施術料 6,000円
次回より1回 6,000円
疲労回復 3,000円 コース15~20分が目安
つらい部位を集中的に解していきます
疲労回復 6,000円 コース30~40分が目安
全身のバランスを調整しながら全身を解していきます
スポーツケアー 3,000円コース15~20分が目安
つらい部位を集中的に解していきます
スポーツケアー 6,000円コース30~40分が目安
全身のバランスを調整しながら全身を解していきます
骨盤調整 4,000円コース15~20分が目安
骨盤の調整を集中的に行なっていきます
背骨調整 4,000円コース15~20分が目安
背骨の調整を集中的に行なっていきます
猫背調整 4,000円コース15~20分が目安
猫背の調整を集中的に行なっていきます
O脚X脚 4,000円コース15~20分が目安
O脚X脚の調整を集中的に行なっていきます
各調整 + 疲労回復 6,000円30~40分が目安
各調整+疲労回復3,000円コースをプラスします
テーピング300円~2,000円程度テーピング素材および使用した長さにより異なる
種類捻挫後の固定テーピングおよび予防テーピング
関節や筋肉の補強およびバランステーピング
外反母趾テーピング (初回 6,000円、2回目以降 5,000円)
スポーツ・テーピング
(スポーツ外傷・コンディショニング・負傷後の再発予防など)
姿勢チェック2,000円~“骨盤の歪み”や“背骨の歪み”
および“身体全体の歪み”をチェック
骨盤調整3,000円~“骨盤の歪み”や“背骨の歪み”を修正
針治療3,000円~筋肉・関節の痛みや緩和の早期回復に有効
耳ツボダイエット初回5,000円次回より
1回 2,000円
(1クール3ヶ月)
週2回の耳ツボ金粒の交換
(金粒貼付、簡易姿勢分析、全身バランス調整、運動療法、食事療法の指導含む)痛みのない金粒を使用し、食生活やホルモンバランスの調整をし、ダイエットの手助けをします。
鍼灸・スポーツ・鍼灸部分調整3,000円、全体調整5,000円~10,000円
中国より数千年にわたり伝承されてきた鍼灸治療。その効果にはさまざまな生体的機序がかかわっていると考えられていて、特に近年は鍼灸刺激に関する多くの生理実験が行われています。その刺激の効果により肩こり・腰痛・寝違えなどの痛みがやわらいだり内臓の機能が整うなどして症状が改善され、近年スポーツ障害・コンディショニング・疲労回復・予防にも積極的に取り入れられています
病院で「 ~病」「 ~症」と言われたのですが良くなりますか?

本当に正直な所を言わせていただくと、これは「見てみなければわからない」ことです。ひとくちに「 ~病」「 ~症」と言っても、その痛みや違和感は人によって微妙に異なるものです。痛みや違和感が異なれば解消方法も変わってきます。

 

『無痛ゆらし療法』には痛みや違和感に対する明確な判断基準、解消方法が存在しますが、 「 ~病」「 ~症」といった“大きなくくり”に対する安易なお答えは出来ません。 ですから、病名だけではなく皆様の身体の状態をなるべく詳しく教えていただきたいのです。

 

(もちろん病名も教えていただけると、尚、良しです) その中から痛み違和感に対する本当の答えが見つかるはずです。

無痛ゆらし療法はどんな症状・疾患・病気に効くんですか?

これまでに、頭痛|めまい|顎関節症|肩こり|五十肩|頚部捻挫|耳鳴り|肘痛|腱鞘炎|手のしびれ|ガングリオン嚢胞|腰痛|ぎっくり腰|股関節症|大腿骨頭壊死症|坐骨神経痛|尾てい骨の痛み|腰椎椎間板ヘルニア|脊柱管狭窄症|オスグット(成長痛)|二分膝蓋骨|膝に水が溜まる|半月板損傷|膝痛|ジャンッパーズ膝|捻挫|捻挫の後遺症|肉離れ|痛風|外反母趾|筋肉痛|打撲|足のしびれ|O脚X脚|胃痛|便秘と下痢|生理痛|冷え性|ストレス|睡眠障害|ヘルペス|アトピー性皮膚炎|紫斑病|喘息|高血圧|事故後遺症|リウマチ|口内炎|更年期障害|むくみ|不整脈 などに施術効果をあげ、いろいろな病気を回復に導きました。

これらに限らず、骨格のゆがみや筋肉の緊張(それらに伴う神経の圧迫)などに原因がある病気には、等しく効き目があります。

詳細は左側メニューの症例解説をご覧下さい。
様々な症例ごとの解説がご覧になれます。あなたのお悩みのご参考にどうぞ!◇

保険対象外でも何とかしたい方へ

↓↓↓↓↓

PST「無痛ゆらし療法」というまったく痛みなく、
心地よく痛みを解消する新しい治療法があります

当院ではこんな症状の方々が短期間で改善されています!!

  • ・長引く不調で原因がわからずお悩みの方
  • ・痛み止めに頼りたくない方
  • ・毎日だるくて元気の出ない方
  • ・これって歳のせい・・・?とあきらめている方
  • ・揉んだり叩いたりされるのが苦手な方
  • ・痛い治療が苦手な方
  • ・骨盤のゆがみが気になる方
  • ・椎間板ヘルニアなど手術をしないで回復したい方
  • ・日々の体調管理をしたい方
どのようなことに気をつけていけば良いですか?

病気の原因はほとんどの場合、日常生活の中に潜んでいます。
せっかく痛みがなくなったのに、悪い習慣を続けていれば、いつまた症状として再発するかわかりません。日常どんなことに気をつければいいかのアドバイスは非常に重要なものとなります。

 

「無痛ゆらし療法」では、個人個人の状態、生活環境に合わせて、皆様が実践可能な日常のケアの方法をアドバイスいたします。生活をトータルで考え、健康で豊かな生活の実現を目標とします。

あと何回くらいで良くなりますか?

回復力や普段の使用状況の個人差がかなり大きいので、一概にはお答えできない質問です。しかし、『無痛ゆらし療法』はその場で結果の見える療法ですから、施術を受けて回復の度合いを見れば、おおよその見当をつける事はできます。

 

回復予想期間、通院頻度などに関しては、施術者にお尋ね下さい。

※状況によっては見当がつけられない場合もあります。

1回の施術時間は?

北信太療法院やすらぎ(染井鍼灸整骨院内)には、厳密な時間設定がありません。 初回の方で大体20~30分くらいとご案内させていただいておりますが、全身に症状があったり、状態が悪くすぐには動けなかったりすれば時間がかかる場合もあります。

 

本当に身体の回復のことを考えるなら、施術時間は短い方が効果的なので、いかに身体に負担をかけずに短い時間で結果を出すかが技術の見せ所です。

ゆらすとどうなる?

痛みや違和感の多くは、筋肉の異常な緊張が関係しています。

身体を無理に使うと、脳から「もう無理をしないでください」と警戒信号が出てきます。すると、筋肉は強い緊張を起こし、痛みや違和感を発するようになります。

 

身体を心地よくゆらされると、身体と脳の警戒信号が解除されます。じつに効率的に身体をもっとも回復しやすい状態に誘導することができるのです。

 

    ★『ゆらす』と筋肉の無駄な緊張が解消されます
    ★『ゆらす』と骨格の位置が正しく修正されます
    ★『ゆらす』と内臓の働きが改善されます
    ★『ゆらす』と原因不明の痛みや違和感のほとんどが解消されます

どうしてよくなるの?

皆さんご存知のように、私たちの身体は脳と深い繋がりがありますね。

疲れとか強い刺激とか、身体に無理がかかると、警戒信号を発し身体を固めます。 これが脳の代表的な機能の一つ『防衛本能』です。

 

防衛本能によって固まった身体は、強い刺激を受け付けません。 逆に、やわらかく安心できる動きなら喜んで受け入れて、警戒信号を解いてくれます。 その反応の劇的なことと言ったら、本当に皆さん驚かれるばかりです。

 

(いろいろな体験談症例解説をご覧くださいね。書かれていることはすべて本当に起こった出来事です)

警戒信号が解除された身体は、これまでになくノビノビと活動できるようになり、痛みや違和感からも解放されます。しかも、身体に命令を出している脳が、身体本来の使い方を理解するので、その効果は短期間に発揮されるのです

あきらめないで

ゆらしの効果は、原因不明なものにもよく発揮されます。疲れとか強い刺激とか、身体に無理がかかると、警戒信号を発し身体を固めます。

 

身体はお医者さんや薬の力で回復するものと思っている方も多いと思います。
しかし、それだけではありません。我々の身体には本来素晴らしい回復力があります。

 

長期間に渡って刷り込まれた痛みは、短期間に痛めたものに比べて回復速度が遅いということもありますが、しかし、人間の身体は常に快適な状態でいようとする機能があります。

 

どんなに手遅れ・末期的な状態のように見えても、一人一人の身体は、必ず回復できるだけの力を持っています。
何か困っていること、悩んでいることがあれば、メールや電話でご質問ください。 きっとあなたのお力になれることでしょう。

マッサージは良くないの?

「マッサージは筋肉の緊張を解く」というのは勘違いです。「マッサージが気持ちよい」というのも錯覚です。根本から考えてみます。人間には防衛本能が備わっています。

 

防衛本能とは、外部の攻撃から、我が身を守ることです。例えばボールが目の前に飛んできた時、体を固めない人はいません。ボールが体に当たったら、体は硬いままですが、ボールがそれれば、ほっとして、緊張が解けます。

 

「攻撃を受ければ(察知すれば)緊張する」。これが身体の基本です。 このことをマッサージを考えてみとマッサージは刺激が強く、刺激が強ければ、防衛本能が発動し、体は緊張する。考えてみれば当たり前のことです。

マッサージが気持ちいいのは錯覚?

よくイタ気持ちいいといいますよね。あれは錯覚です。
痛みや凝りがある場所に「押すという刺激」を与えることで、元の痛さ、凝りがぼやける。  つまり、「脳に伝わる信号が攪乱されるのだと考えます。

 

人間には、新たな刺激を与えれば、古い刺激を一時的に忘れます。
「痛いところを押すと気持ちいい。しかし、痛くないところを押しても気持ちよくない」ということも傍証になるでしょう。

 

(凝っているところを)押されてる間は、気持ちいい。さらに、押すのを止められたとき、すなわち攻撃を止められたときに、ホッとして緊張が解けて、また別の気持ちよさが発生します。

 

このように、マッサージの快とは、「押すという攻撃で、元の痛みがぼやけて気持ちがよい」 → 「押すという攻撃をやめられて、開放感が気持ちいい」という、この二つをグルグル繰り返すことで生じている「錯覚」だと考えます。

マッサージが駄目なのなら、何をするべきなのか?

無痛ゆらし療法では、「押す」かわりに「ゆっくりゆらす、ひっぱる」、「やさしくなでる」という施術をします。それぐらいであれば、脳は「攻撃」とは認識しません。だから体が固まることもありません。

 

筋肉は、ゆっくり引っ張られれば伸びますが、グッと引っ張られれば、警戒して縮みます。 だから無痛ゆらし療法では、日常使う体の動きよりも、さらにゆるく、ゆっくりと筋肉にはたらきかけます。

 

緩やかに動かすのであれば、筋肉や神経に、いたずらに刺激を与えることもないので、痛みは起きにくいといえます。「無痛」ゆらし療法の名前はここから来ています。

 

人々は、施術に対し、「痛ければ痛いほどキク」というイメージがあります。しかし、そのイメージには根拠はありません。そもそも痛みを取るために、痛みを与えるとは、不自然な考えではないでしょうか。

なぜ現代人は、病気になりやすいのか?

現代人は昔の人に比べて、病気になりやすいと言われています。 いくつかの要因があると思います。

 

第一に、「病気の数そのものが増えたこと」。前述したとおり、今や病気は30,000種類。 昔なら「体調不良」だったところが、今は「○○病」と診断されます。メタボリック・シンドロームなど良い例です。
昔なら「太りすぎ」だったのが、今は「メタボリック症候群」という病気ですから。

 

第二に、「検査器具の性能が上がったこと」。かつては老衰と診断されていました。しかし、最新の検査器具を使えば、ガンであったり、動脈硬化であったり、正確に病名を判断できます。こうなると「病人」は増えます。

 

第三は、やはりパソコンでしょう。パソコンを操作する場合、無理な姿勢を長時間、取り続けます。自然なことか、不自然なことかといえば、不自然でしょう。体が不自然になると、脳が勘違いを起こしやすくなります。

 

代表例は、花粉症。本来、無害なスギ花粉を、体に対する攻撃と勘違いして、過剰反応して、鼻水を大量に出して、花粉を洗い流そうとします。ヘルペスもそうですが、現代の環境は、「脳に勘違いを起こさせやすい環境」、「(その結果)過剰反応が生じやすい環境」だと考えます。

PAGE TOP